2007年02月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

2007-02-27 (Tue) 09:58[ 編集 ]
お会いしたことはないんだけど、
ネット上で仲良くさせてもらっているお友達。
しえちゃんから、あるサイトを教えて頂き、
昨日はそれをずっとずっと読んでいた。

私は二人の子供が居て、育児と、家事と、自分の趣味とに追われ、
毎日がバタバタと過ぎていく。
子供達を叱りながら、一緒に遊びながら、
その合間に一生懸命自分の時間を作りながら、
そんな風に時間が過ぎていく日常。
それが当たり前で、普通で、いつものこと。

でも、その『日常』こそが、本当に本当にとっても大切で、
ものすごく幸せだってこと。
見つめ直すことができた。
少々の事では深く悩んだり、落ち込んだりするタイプの人間じゃないけど、
今まで感じてきた、私の悲しみや辛さなんて、
ほんとにちっぽけで、何でもないことだって。
極論、明日私がこの世に居なくなったとしても後悔しないくらい、
そのくらい、『今』を大切にしたいと思った。

それからもう一つ。
私はまだまだ人として経験が浅くて、人間が出来てない。
人と接する時の『言葉』というものが、
どれだけ相手を左右させるか、もっともっと気を付けるべきだと。
今まで気付かないうちに、人を傷つけていたのかも。

優しい人になりたいです。


///////////////
しえちゃん、もしこちらを読んでいたら・・・
勝手にリンクしちゃってごめんなさい。

スポンサーサイト

kyouの成長

2007-02-21 (Wed) 16:26[ 編集 ]
先日のkyouの発表会。
とっても楽しかった。
合奏とか、歌とか、表現(劇のようなもの)とか。
とにかくどれをとっても、おもしろかった^^
4歳児ってまだまだ子供というか・・・
先生は大変だっただろうなぁ~。
合奏なんて、指揮をしている先生なんてちっとも目に入ってないし、
表現の劇だって、先生がほとんど台詞を誘導している。
台詞を誘導しているにもかかわらず、全く違うことを言うし(苦笑)
そこがまたとっても可愛いんだけど。
我が子だけでなくみんな、運動会の頃と比べて
随分と成長したなぁ。。。と思った。
児童館も後一ヶ月。良い思い出が出来るといいね。



gohan

写真の光景は、kyouがrionに食事をさせているところ。
最近、私が手一杯の時に、
「じゃぁ、kyouちゃんがたべさせてあげるよー」と、
自分の箸で食べさせてくれることが時々ある。
rionがみんなのマネをして、箸を使いたがるのだけど、
なかなか上手く使えず、短気のrionは『キーーッ』となって、
すぐに自分の箸を投げつけることが多い。
「もうーー、rionちゃんできん!!ママがしてーーー!!」と。
で、すぐに手を貸してやれなかったりすると、kyouが助けてくれる(笑)
しかも、ちゃんと口の中のものがなくなるのを見計らって、
次の箸を運んでいる。
あまりに可愛い姿なので、ついついkyouに任せたまま
私は自分の食事をゆっくり食べながら、その様子を眺めていたりする。
ホント、そんなことまで出来るようになったんだねー。

お手紙

2007-02-16 (Fri) 01:01[ 編集 ]
最近kyouが凝っていること。
字を書くこと。
とはいっても、読むのも完璧ではなく、
カタカナは半分くらいしか読めないし、小さな文字が入るとダメ。
でも、なんとなく「書く」ということがしたいらしい。

児童館で、週一回「お勉強会」というのがあって、
その中で数字を書いたり、簡単な字の練習をしたりしてるらしい。
その影響が大きいのだけれど、
もう一つには、パパへお手紙を書きたいみたい。

普段思っていることや、思いついたことなんかを
お手紙でパパに知らせたいらしい。
でも、書けない字が大半なので、その代筆をさせられるハメになる。。。
「ママー、ここに『○○を買ってくれてありがと』って書いてー」
と言った感じで要求してくる。
まぁ、いいのだけどね^^
この前なんて、「ママにお手紙書いてあげる。いっつもパパばっかりだしね」
って言うから、楽しみに待ってたらいつものごとく
「ママーここに『お手伝いしてあげるね』って書いてー」だって。
えーーー、ママにもらう手紙をママが書くの??!
えぇ、えぇ、書きましたわ。自分で。
ま、その気持ちが嬉しいからいいのだけどね(笑)




明日はkyouの児童館での発表会。
楽しみだなぁ~。
何をするのか、絶対に教えてくれなかったから、全く想像が付かない。





お寿司

2007-02-06 (Tue) 00:44[ 編集 ]
先週の節分の日、実家で豆まきをした。
我が家はパパが上京してから(いや居たときもか?!)
何かとイベントと言えば実家へGO。
その方が賑やかで楽しいし、子供達も嬉しそうだし。
母子三人では、ちょっと寂しいものね。

節分と言えば、恵方巻。
そう、お寿司!!
うちの子供達、二人ともお寿司が大・大・大好き♪
回転寿司に連れて行けば、小食なOLさん並には余裕で食べる。
これが子供と三人で食べた皿の数かよーーって感じ。
そして、私の母の手作りお寿司も大好きで、
お寿司の日は、ご飯に寿司酢を混ぜた時点で
すでに食卓に着席する二人。
「おなかすいた、おなかすいた」を連呼し、
まだホカホカの寿司飯を二人でつまみ食いし、
みんなで食べる頃には、すっかりお腹いっぱいになってることも多々。

そして、先日の節分は巻き簀なんてものを使ってるから、
子供達は興味深々で、「僕もやるー」「rionちゃんもー」と。
海苔からご飯がいっぱいはみ出した卵巻とエビ巻のできあがり。
でも、それを美味しそうにパクついてましたわ(笑)
私も自分で食べる分は、自分で巻いてみたけど、
具が相当偏ってたし、ご飯もはみ出るし・・・最悪の出来だった(泣)

私は自分でお寿司を作ったことがないので、
我が家ではこういう光景になったことはないんだよね。
こんなに子供達が寿司好きなら、
一度ちゃんと母に寿司酢の割合を教えて貰わなきゃ。
私も母のお寿司の味が好きだしね^^

続きを読む »

お別れ

2007-02-02 (Fri) 01:38[ 編集 ]
kyouが児童館で仲良くしていたお友達が
お父さんの転勤で、1月いっぱいで児童館をやめることになった。

そのお友達のお母さん、
児童館で私が一番仲良くなりたかったお母さんだった。
とってもお洒落で、気さくで、
育児の話や、それ以外の話なんかをしても、共感する部分も多くて。
何より、「この人とは仲良くなれるかも!」という直感。
私は自分が「友達になりたい」と思う人は、
なんとなく直感で感じるところがある。

kyouと一緒に通っていた、そのr君。
とても運動神経がよくて、活発で、
rionのこともいつも可愛がってくれていた。

その子が明日の児童館ではもう会えない。
kyouより多分、私の方がずっとずっと寂しいよ。

最後の日、kyouは車で走り去ろうとしたr君を追いかけ、
助手席の窓を開けてくれたr君と何度も何度も握手をしていた。
いつも元気なr君も、kyouもなんとなくシュンとなっていて。
子供達の別れのシーンを見てると、こっちが泣けてきた。

でも、見送る立場の人間より、
きっと見送られる人の方が寂しいんだよね。
またいつかどこかで会えるといいな。
jidoukan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。